ノルレボの値段と保険

ノルレボ,ノルレボ錠,通販,効果,副作用,緊急避妊薬,値段

 

ノルレボはケアピルの一種ですが、値段的にはどうなるのでしょうか。

 

もしも病院にかかる実例、ノルレボだけの値段を考えてもいまいち意味がありません。

 

そのまま処方してもらうだけですむハズがなく、お越しを受け、必要な診察を振る舞いについてまで思いに入れないといったいけないからです。

 

これらを考え合わせると、1回1錠を処方してもらうのに加わる値段は、恐らくは10000円から2万円階級についてになるでしょう。

 

これは、こういうノルレボ処方に関するような診療費には、身体保険が皆目適用にならないことも大きな意図となっています。

 

普通の病気で病棟通いした場合、お越しにかかる費用も診察にかかる費用も薬にかかる費用も総合ひっくるめて一般的には3割面倒になります。

 

ノルレボ,ノルレボ錠,通販,効果,副作用,緊急避妊薬,値段

 

つまり、合計でかかった診療費の3割だけが最前で自分が払う給与で、残りの7割は身体保険からその病棟についてもらえるのです。

 

だがノルレボの場合、薬にかかる総計だけでなくその他の総計についてもサッパリ身体保険が利きません。

 

そのため、診療費のALLを自分が最前で支払わなければならないのです。

 

一方、通販の場合はどうなるのでしょうか。通販の場合は、当然ながら身体保険は適用にはなりません。

 

ですから、薬にかかる総計としては10割面倒だ。だが、お越しや診察などはサッパリありませんから、その分の総計はかかりません。

 

お越しや診察が必要とされるような病気が多いことは間違いありませんが、ノルレボを必要としている実例、敢えてお越しも診察も無用でしょう。

 

自分で何が必要なのかは初めから分かっているはずです。

 

ので、通販のほうがオールにかかる総計は安っぽいということが言えます。一層、薬の場合だけを考えても、通販のほうが少ないことがほとんどです。

 

それは、海外からおんなじ成果のジェネリック医薬品などを輸入して販売することができるためです。

 

病棟もこれは可能ハズなのですが、いかんせん自分で選択できない限り、低い医薬品を扱っていない病棟では厳しい値段を支払わざるを得ないわけです。

 

ノルレボ窓口へ